むくみによって足が太くなってしまった場合の足痩せの方法にはリンパマッサージが効果的

足が太くなってしまう原因としてリンパの流れが悪くなっていることが挙げられます。
リンパの流れが悪くなっていることが原因だと、水が身体に溜まっている状態なのでそれを取り除かないと足痩せ効果は期待できません。
水や老廃物を溜めてしまう原因は血行やリンパの流れが滞ってしまうことによるので、滞った血行やリンパの流れを正常化し、スムーズに流れる状態を作って上げることが足痩せ効果を高めます。

足痩せ目的のリンパマッサージの方法は、マッサージ用のクリームを用意します。
クリームがないと圧力をかけたときに肌の表面に強い刺激を与えてしまうので、クリームを塗ることで滑りを良くして、肌への負担を無くすことがポイントです。

マッサージクリームを足全体に塗ったら、リンパマッサージを行っていきます。
リンパが多く流れている膝の裏の関節部分、ふくらはぎ、内もものあたりをしっかりと刺激を与えて、血行やリンパの流れをスムーズにします。
足首を両手で掴んで、包み込むようにしながら上の方へゆっくりと擦り上げていくのを5回行ったら、流した先の膝をマッサージしていきます。
膝裏の関節のくぼみの部分を両手の親指以外の指で5秒圧迫し、さらに5秒かけて太ももの方へ流します。

そのままの流れで次は太もものリンパを流していきます。
太ももは太いので前面と裏面に分け、それぞれ股関節に向かってリンパを流していきます。
太ももの裏側は両手の親指以外の指を使い、力を入れてグッと持ち上げるように股関節へ流します。
1回裏面を流したら、次は前面を流します。
前面は両手の親指を使って下から上へリンパを流していきます。
最後に足の付け根を軽く摩って、リンパマッサージの完了です。

リンパマッサージを毎日の習慣にすることで老廃物や水分が溜まるのを防ぐので、むくみにくくし、足痩せ効果を高めます。