足裏の部位となるかかとのケア方法について

かかとの角質ケアグッズは、多くの角質ケアグッズが市販されますが、値段が高くなくても足裏のケアを施せます。
かかと専用のやすりを使って足裏ケアを施す際は、化粧水とハンドクリームとサランラップを使うことで行えます。
かかと専用のやすりは、薬局に売っている手動のタイプで効果がある上に、粗い面と細かい面があります。
なので、にぎりやすいやすりが使いやすいですが、尿素を配合しているハンドクリームを使うことでかかとの角質をケアしやすくなります。
かかと専用のやすりを使って角質ケアを行う際は、入浴して足の角質を柔らかくして軽くかかとをタオルで拭きます。
そして、角質の肥厚が顕著な部位にやすりの粗い面で擦り、そうでない部位はやすりの細かい面で擦ります。
この時、力を入れずに一定方向に動かして余計な角質を除去するのがポイントとなります。
なぜなら、力を入れて擦っても角質が全部取れることはなく、肌を傷つけるからです。
やすりを使用した箇所全体を、軽く細かいやすりで優しくなぞって表面を整え、タオルで拭き取った後に化粧水をつけて保湿します。
ハンドクリームを化粧水の上から塗ることで保湿効果を高めつつ、塗った上からサランラップで覆います。
足裏ケアとしてやすりを使う場合は、注意点として角質を除去しすぎないことになります。
なぜなら、かかとの角質は体重を支える部分となるので、体にとって必要になるからです。
足裏の部位であるかかとのケア方法は、やすりで角質を除去するのに拘るよりも化粧水やハンドクリームでの保湿を重視することで、安全に足裏ケアを行うポイントとなります。