肌の手入れをするには、乾燥対策がエイジングケアの基本になる

エイジングケアは、乾燥対策を施すのが基本となり、加齢による肌トラブルの多くは乾燥が原因となって起こります。
また、加齢によって肌の機能が低下するので、肌バリアの機能が低下して肌の水分が蒸発しやすくなります。
なので、肌が外部からの刺激の影響を受けやすくなるので、乾燥による小ジワが増えます。
他にも、肌内部の水分量が減少するので肌はたるんで、肌が縦長の毛穴を作ることになります。
乾燥対策を施すためにエイジングケアの必要性を感じた場合は、保湿を徹底するのがポイントです。
肌の乾燥を防ぐには、保湿成分の入った化粧品が有効となるので、セラミドやヒアルロン酸のような保湿成分を含んだ化粧品でスキンケアを行うのが大切です。
肌の保水力を高めるだけでなく、乾燥が悪化して肌の角質が厚くなるのを防げます。
ただし、人によっては保湿成分入りの化粧品を使っても、肌に浸透しにくいことがあるので、週に2回保湿パックを使うのがお勧めになります。
エイジングケアで乾燥対策以外にも、紫外線対策も重要となり、紫外線はシミやしわの他にも乾燥肌を引き起こす原因となります。
徹底的な紫外線ケアと乾燥対策を行うことは、エイジングケアの基本となる上に肌トラブルを予防することもできます。