赤ニキビは、皮脂の過剰分泌を防ぐことで予防できる種類となるニキビ

肌が皮脂を過剰分泌することでニキビが悪化しますが、赤ニキビは皮脂の過剰分泌が原因となるニキビになります。

肌に潤いを与えるだけでなく、細菌やホコリが体内に入り込むのを防ぐ役目を持つ皮脂は、皮脂の量が少なすぎると肌が乾燥する原因になります。

肌が乾燥することで肌のバリア機能が失われてシミやシワになりやすくなりますが、皮脂が過剰分泌されると毛穴に詰まりやすくなります。

そのため、毛穴に皮脂が詰まることでアクネ菌が繁殖するため、皮脂か過剰分泌される状態を放置すると赤ニキビになりやすくなります。

また、赤ニキビになると大量に増殖したアクネ菌が皮膚組織を刺激するので、肌が炎症を起こして肌に痒みや痛みを伴う原因に発展します。

特に、赤ニキビは生活習慣の乱れによって悪化しやすい種類のニキビでもあるので、規則正しい生活を送らないと肌が皮脂を余分に分泌します。

そして、肌の機能が低下して肌の乾燥を招きやすくなるだけでなく、肌の潤いが失われることで皮脂を分泌して肌を潤わせようとします。

なので、赤ニキビを防ぐには肌が皮脂を過剰分泌しないように生活習慣を改善して肌に負担を掛けないことと、スキンケアで肌をきちんと保湿して肌が乾燥するのを防ぐのが重要となります。