「スキンケアをしすぎないこと」が美肌のために良い習慣?

「美肌になりたいから、毎日一生懸命クレンジングや洗顔をしたり、
化粧水や美容液を付けたりしているのに、思ったように効果が出ない…」、
そんな悩みの原因は、実はスキンケアのやりすぎにあるかもしれません!
例えばクレンジングや洗顔をしすぎてしまうとお肌に本来必要な保湿成分や皮脂までが
洗い流されてしまって乾燥を招く場合がありますし、
スキンケアの際に顔に何度もベタベタと触れることで、摩擦によってお肌がダメージを受けるということもあります。
色々とやっているのに美肌になれない…と言う方は、
今一度自分のスキンケアがやりすぎになっていないか見直してみると良いでしょう。
まずクレンジングは洗浄力が強すぎるものを選ぶと乾燥しやすくなりますので注意。

一般的にはオイルやクレンジングシートはメイクが落ちやすいですが、その分お肌への負担も大きくなります。
さらに、洗顔しすぎも乾燥の原因。洗顔は1日に2回までにしましょう。
そしてスキンケアも色々と付ければ良いというものではありません。
一度化粧水と乳液だけと言うシンプルなケアに戻してみて、
乾燥を感じる部分にだけ美容液やクリームを足す…などというシンプルなケアに戻してみるのも良いでしょう。
いずれにしても、ただ毎日やみくもにケアをするのではなく、
自分のお肌の状態をよく観察する習慣をつけるというのが大事ですよ。