ネイルケア方法の基本である「乾燥対策」を取り入れることで健やかな爪を目指す

初心者でも簡単なネイルケア方法を紹介します。

ネイルケアと言えばマニキュアやジェルネイルでカラーをすることだけがネイルケアではなく、ナチュラルな爪をきちんと整えることもネイルケアの1つです。

健やかな爪を保つためのネイルケアとして、まずは乾燥対策を行います。
ハンドクリームを塗る際は指先までしっかりとつけ、爪の周りの皮膚にも揉み込むように塗っていきます。

爪の乾燥の防止するネイルケアとしておススメなのが「ネイルオイル」や「ネイルエッセンス」です。
ネイルオイルは爪だけでなく指先の皮膚にも潤いを与えて乾燥を抑制するので二枚爪になりやすい人やささくれが出来やすい人におススメです。
ネイルエッセンスは保湿成分を含んでおり、乾燥によるカサつきや爪や爪先にも潤いを与えて爪を保護してくれます。

爪先や爪周りの皮膚に保湿成分を与えて潤わせることで、爪先や指先を綺麗に見せてくれます。
また、保湿成分を与えることで乾燥による爪トラブルを抑制し、ナチュラルな爪でも綺麗に美しく仕上げることができます。

ネイルケアの基本は乾燥対策なので、ハンドクリームで爪周りの皮膚を潤わせて、ネイルオイルやネイルエッセンスを使って保湿成分を爪に与えることで健やかな爪を目指せます。